るいちゃんぱぱの洋楽日記Ⅱ

~大好きな音楽を1曲ずつ~

Sunday - Buster (1976)

sun-bus-dfgdfgd33.png

イギリスのバンド バスター のデビューシングルで
日本の洋楽ヒットチャートで1位を獲得しています。

また、この曲が収録されているアルバムCD
『 Buster 』(邦題 すてきなサンデー)も
復刻再発売されているようです。

邦題は「すてきなサンデー」

当時はベイ・シティ・ローラーズと並び
アイドル的なロックバンドとして
とても人気があったようです。

曲調もふんわりしていて
どこか懐かしさを感じますね。




Separate Ways - Journey (1983)

frob-jor-rtyrthfvvPNG.png

アメリカのバンド ジャーニー のアルバム
『 Frontiers 』(邦題 フロンティアーズ)に収録
シングルとしてもリリースされヒットを記録しています。

邦題は「セパレイト・ウェイズ」

もうすぐWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が
開催されるとあって、ニュースのスポーツコーナーなどで
1日に何度も耳にしましね。

歌詞の内容からすると
この曲は失恋ソングのようですが
WBCのテーマソングといったら
この曲以外にはありません。

頑張れニッポン!!




Echoes - Camel (1978)

ech-cafeegtr.png

イギリスのバンド キャメル のアルバム
『 Breathless 』(邦題 ブレスレス)に収録されています。

邦題は「エコーズ」
また「永遠のしらべ」という邦題も見受けられます。

抒情派シフォニック路線の代表的なバンドですが
70年代後半になってきて
サウンドの方にもフュージョン的でダイナミックな
アプローチが見られます。

ピンクフロイドの同名異曲と並んで
プログレッシブロックファンにとっては
もう1つの大切な「エコーズ」だと思います。

この時期、元キャラヴァンのリチャード・シンクレアが
加入していますが、この曲で聴かれるボーカルは
ギターでバンドの中心人物である
アンディ・ラティマーではないでしょうか。





Cavatina - John Williams (1978)

dhost.png

1978年に公開されたアメリカ映画 『 The Deer Hunter 』
(ディア・ハンター)のテーマ曲です。

邦題は「カヴァティーナ」

イギリスの作曲家 Stanley Myers (スタンリー・マイヤー)
の作品をオーストラリア出身のギター奏者 John Williams
(ジョン・ウィリアム)が演奏しています。

ずいぶん前に、テレビで1度この映画を見た記憶があります。
ほとんど内容は憶えていないのですが
このテーマ曲を聴くと
心に傷を負った主人公が鹿狩りに出かけたのですが
結局、引金を引くことが出来なかったシーンが思い出されます。




Grand hotel - Procol Harum (1973)

plkpgho-2rdsfns.png

イギリスのバンド プロコル・ハルム のアルバム
『Grand hotel』(邦題 グランド・ホテル)に収録され
シングルとしてもリリースされています。

邦題は「グランド・ホテル」

英国然とした作品が特徴的で
オーケストラの導入という面においても
とても評価の高いバンドです。

気品漂う荘厳で美しいアレンジに
聴き入ってしまいます。