るいちゃんぱぱの洋楽日記Ⅱ

~大好きな音楽を1曲ずつ~
TOPスポンサー広告 ≫ Who Can It Be Now? - Men At Work (1981)TOPメン・アット・ワーク ≫ Who Can It Be Now? - Men At Work (1981)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Who Can It Be Now? - Men At Work (1981)

wo-meaw-2fsdc.png

オーストラリアのバンド メン・アット・ワーク
のアルバム『 Business As Usual 』
(邦題 ワーク・ソングス)に収録。
シングルとして全米ヒットチャートで
1位を記録しています。

邦題は「ノックは夜中に」

淡々と歌うボーカルに
サックスが絡んでくる独特な空気感。
加えて、オーストラリアのバンドということが
このバンドのユニークさのイメージを
膨らませてくれましたね。





スポンサーサイト

Comment

No title
編集
まさに世代です。
当時”~ズ”とか”~バンド”的な名しか知らなかったので このバンド名は意味も分からいなりに衝撃的でした。
2016年07月28日(Thu) 19:45
面白半分 さま
編集
こんばんは。

そうでしたね!!
バンド名が変わっていて
その意味が話題になっていました♪

この曲の印象的な邦題もまた
英米のバンドとの違いを
感じたものでした(^^♪
2016年07月29日(Fri) 21:30












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。