るいちゃんぱぱの洋楽日記Ⅱ

~大好きな音楽を1曲ずつ~

Run Devil Run - Paul McCartney (1999)

prundrunrr.png

イギリスのアーティスト ポール・マッカートニー
のアルバム『 Run Devil Run 』(邦題 ラン・デヴィル・ラン)
に収録されています。

邦題も同じく「ラン・デヴィル・ラン」

ロックンロールのカバーアルバムに
ポールの新曲として3曲収録されましたが
その中の1曲がこの曲です。

ポールはバラエティに富んだ曲を
作り出すことが出来る天才メロディメイカーですが
最高のロックボーカリストでもあることが
この1曲を聴くだけでもわかります。



関連記事
スポンサーサイト

Venus and Mars - Rock Show - Jet - Paul McCartney&Wings (1976)

WINGSOFSKK6NEE.png

イギリスのバンド ポール・マッカートニー&ウイングス
のライヴアルバム『Wings Over America』(邦題 ウイングスUSAライヴ)
に収録されています。

邦題は「ヴィーナスアンドマース~ロックショウ~ジェット(メドレー)」

大成功をおさめた1975~1976年
ウイングスワールドツアーにおいて
ステージのオープニングを飾っていました。

70年代半ば、
ビートルズという肩書が関係ないくらいに
ポールが結成したバンド ウイングスの人気は
決定的なものとなっていました。

このアルバムはアナログ盤3枚組で
価格的にも高価でしたが
この魅力的なメドレー曲を目的として
購入されたかたも多いのではないかと思います。


~1976年のアメリカでのライヴより~
関連記事

Save Us - Paul McCartney (2013)

FGSDG55WD.png

イギリスのアーティスト ポール・マッカートニー
のアルバム『NEW』(邦題 NEW)に収録されています。

邦題は「セイヴ・アス」

アルバムのオープニングを飾り
ポールのライヴツアー「アウト・ゼアー・ツアー」
でも必ず演奏されていました。

最初にスタジオバージョンを聴いた時は、
80年代のJ-POPのような印象を持ちましたが
不思議と聴くたびに好きになっていきました。
それは、2013年に初めて観たポールのステージの興奮が
大きく影響しているのかもしれません。

今回の「ワン・オン・ワン・ツアー」でも
公演場所によっては演奏されているようです。
私にとって、近年のポールのライヴには欠かせない曲です。


~2013年11月の東京ドーム公演より~


関連記事

NEW - Paul McCartney (2013)

FGSDG55WD.png

イギリスのアーティスト ポール・マッカートニー
のアルバム『NEW』(邦題 NEW)に収録され
シングルとしてもヒットしています。

邦題も「NEW」

中後期のビートルを思い起こさせる
まさにポールらしい曲です。

今年の4月
東京ドーム3公演の前に
武道館公演開催が追加されています。

職場で流れているラジオからも
この曲が聴こえてくることも多くなり
私のポールモードもパワー全開です。




関連記事

Live And Let Die - Guns N' Roses (1991)

grthjtdi442.png

アメリカのバンド ガンズ・アンド・ローゼズ のアルバム
『 Use Your Illusion I 』(ユーズ・ユア・イリュージョンI)
に収録され、シングルとしてもヒットを記録しています。

邦題は「リヴ・アンド・レット・ダイ」

この曲はポール・マッカートニー&ウイングス
1973年発表のシングル「007 死ぬのは奴らだ」のカバーです。

ほぼオリジナルに近いアレンジであること
そして、ガンズ・アンド・ローゼズが取り上げたことにより
さらにこの曲にスポットライトが当たったことに
ポールファンとしてはとても嬉しく感じます。